社屋写真.jpg

私たちについて

​私たちの目指すもの

私たちは、
「水を知る水を知らせる」
「センサ技術で安心安全な社会づくりに貢献する」
を掲げて活動しています。

 

​ブランドステートメント

私たち亀岡電子株式会社は過去30年間、大手センサメーカーの協力会社として主に工場内で使用される設備用のFAセンサを製造してきましたが、工場以外でも安心安全な社会づくりに貢献できる商品を提供したいとの思いで、静電容量による検出技術のノウハウを活かした、「水を知る 水を知らせる」商品の開発に取り組んでいきます。自社のセンシング技術とIOTを組み合わせた新たな商品で、社会課題を解決し、世の中に必要とされる企業であり続けることを目指します。

水の「怖さ」を知った

2004年10月20日に日本列島に上陸した台風23号がもたらした大雨により、当時の殿田工場(南丹市日吉町)が浸水し、大きな被害を受けました。この経験もひとつのきっかけとなり、約15年の時を経て浸水検知センサを開発するに至りました。

(38).jpg
IMG_1027_edited.jpg

社会の役に立てる会社になりたい

亀岡電子の経営理念は「社会に貢献し自分自身を豊かにする」という言葉で締めくくられています。今までは「亀岡電子は何をしている会社ですか?」と問われた時に、「大手センサメーカーのセンサを製造している会社です」と答えるしかありませんでした。それはそれで凄いと言っていただけますが、もっと直接的に社会貢献できる製品を提供し、世間に必要とされる企業であり続けたいという思いを持っていました。
2016年から始めたブランディング企画会議の中で、「水を知る水を知らせる」をコンセプトに、亀岡電子が長年培ってきた静電容量センサを作るノウハウを使った、社会に貢献できる新商品の企画に取り組みました。その中で出てきた浸水を知らせるセンサのアイデアを「デザイン思考」の発想でブラッシュアップし、浸水検知センサの開発がスタートしました。

ロゴに込めた思い

KAMEKER SENSINGの「KAMEKER」は「亀岡(KAMEOKA)」の「メーカー(MAKER)」を意味しています。
また、亀をかたどったロゴマークのSは「Sensing」「Smart」「Safety」「Small」「Simple」「Sustainable」という6つの意味があり、ブランド理念として、設計開発、製造、販売、サービス提供の指針となっています。

KAMEKERマーク.png
DSC_1276_edited_edited.jpg

会社概要

名 称

所在地

連絡先

設 立

​資本金

代表取締役

亀岡電子株式会社

〒621-0834 京都府亀岡市篠町広田1丁目25-5

 


TEL 0771-24-6612(代) FAX 0771-24-7894

kameker_sensing@kameokadenshi.co.jp

1981年11月(昭和56年)

5,000万円

川勝 洋