頻繁に道路冠水するアンダーパスへの設置で迅速な初動対応を

​石川県小松市での事例

自治体様向け KAMEKER3_edited.png
22763935.png

石川県小松市では、2022年7月から「道路冠水の可能性があるアンダーパス」「排水ポンプ施設」「住宅地内の重点監視水路」など3カ所にセルラー通信式浸水検知センサ(KAMEKER3)を設置し、水害発生時に職員の初動対応を迅速に行うための試験運用を開始されました。

sub1.png

■小松市における用途

1.アンダーパスの浸水状況を確認するために設置

2.雨水が滞留しやすい小規模河川に設置されている排水ポンプの正常稼働を確認するために設置

3.住宅地内の重点監視水路の危険水位を確認するために設置

小松市では、浸水を警戒する各地点に防災カメラを設置しておられますが、大雨時に複数のカメラを監視し続けることは運用上難しいという課題があったそうです。

今回、既に防災カメラが設置されている浸水警戒地点のうち3カ所にセルラー通信式浸水検知センサ(KAMEKER3)を設置しました。設置したセンサから発信する浸水を知らせるLINE通知と同時に防災カメラ映像も確認できるようになるため、有事の初動対応がより迅速に行えることが期待されてます。

今期(2022年度)については、試験運用として市役所職員にのみ通知する方法で運用されています。

sub2.png